診療のご案内


※ こちらのメニューからウェルネスプログラムの詳細情報をご覧頂けます。

【9月のご予約可能枠】
・9月20日(金)  9:00〜11:00〜/15:00〜/17:30〜
・9月25日(水)  9:00〜/11:00~/11:30〜
9月28日(土)  9:00〜/11:15〜/13:40〜

 

IMG_3785 (1)         体感音響

◉当院のサウンドヒーリングプログラムは、過去8年間にわたる臨床で積み上げられた古代とテクノロジーが融合した『音』による独自の施術プログラムです

現在、音によるヒーリングは世界の主流になりつつあります。2013年にガン治療の名医ミッチェル・ゲイナー博士が、全米で最も視聴率の高い健康情報番組『ドクター・オズ・ショー』に出演し、Kita Biosonic Machine として体感音響システムを紹介し大きな反響を呼びました。アメリカでは、2001年 9・11 同時多発テロにて救助とがれき処理のために勇敢に働いた消防士や警察官が深刻な重金属汚染とPTSDの被害に苦しんでいた事例にて、N.Y.C.のホールネスセンターでは、体の代謝力(解毒力)を向上させ、同時に心のケアもおこなう解毒・緩和プログラムとして、体感音響によるサウンドヒーリングは大きな成果を発揮しました。近年の科学的な研究により、音が自律神経・内分泌・免疫等に作用することが指摘されています。肉体レベルでは、血液循環・体温上昇・代謝向上 ・コリや痛みの軽減内分泌のバランスをもたらし、脳波はα波を超え、θ波に到達します。ここ数年の音が自律神経に及ぼす研究では、さまざまなストレスによる自律神経の歪みを改善し、交感神経機能・副交換神経機能を共に亢進させることがわかりました。これは単一的な自律神経反応ではなく、総合的に自律神経機能を向上させるという身体の恒常性にとても重要な反応です。

 

 

#M.ゲイナー博士, Dr. Oz Showにてクリスタルボウルとともに体感音響システムを紹介

(↓The Dr. Oz Showの動画ページへジャンプします)

体感音響Dr,オズショー

 

また、音は直接 体に作用するだけではありません。青春時代の懐かしい音楽を聞くと当時の記憶が蘇ってくることが誰しも感じられたことがあるでしょう。音は「記憶」と結びつき、過去の感情を思い出させるのです。これは各々の心理的トラウマにも音が有効である証拠です。音は感情レベル、思考レベル、霊的レベルにまで深く触れ、人の全体性が変容(クリアリング)されていく事によって、結果的に体の不調にも作用するという効果ももたらします。トラウマや神経反応とも関わるといわれる「記憶」に対して、その記憶のクリーニングを重要視していた人物は古代ギリシアのピタゴラスまで遡ります。

ピタゴラスは音楽を3つの種類に分けていましたが、1つは楽器を使って演奏する「器楽の音楽」、2つ目は人間の器官や細胞が調和して共鳴しあって発している「人間の音楽」、そして最後が宇宙そのもの、星々が発する「天球の音楽」です。ピタゴラスは太陽からの距離によって割り出した各惑星の速度の比率が調和のとれた音程の比率と同じであり、それを七弦琴にたとえ「天球の音楽」と称しました。ピタゴラスはこの3種類に分けられた音楽は本質的にはまったく同一のものであると考えていました。このようなピタゴラスの宇宙と音楽に関する概念はプラトンの哲学に受け継がれ、プラトンは宇宙周期説(プラトン年)を最初に唱え、さらに「ティマイオス」と「エピノミス」において「星は生命体(意識)である」という考えを提起しました。そしてピタゴラスの概念は中世のケプラーに受け継がれ、ケプラーの「宇宙の神秘」において5つのピタゴラス的立体(プラトン立体)を元に宇宙論を構築し、惑星の間の音程を説明しました。ケプラーはバランスを失っていく世界をつなぎ止めようとした守り手で、天文学者と占星術師を兼ねた最後の一人でもありました。そして現代天文学の礎となっているケプラーの第1法則(惑星の楕円軌道の法則)によって科学的な惑星軌道が明らかになり、近代の数学者クストーによって惑星軌道が可聴音に置き換えられ、ピタゴラスの天球の音楽が今この時代に『惑星音叉』として誕生したのです。さらに東洋のタオイストやシュメール人の教義、哲学、宇宙論である小周天(人体の惑星軌道)や太古からの叡智である占星術の元型によって、パーソナルかつ実際的な天球の音楽のチューニングが可能となっています。

 

 

#惑星音叉施術風景
IMG_7204

 


メディカルアストロロジー(医療占星術)という言葉をご存知でしょうか。

ヘルメス・トリスメギストスはエメラルドタブレットにおいて『大宇宙と小宇宙(人)の照応』を説き、宇宙と私たちの相互関係を伝えてくれています。星々と人体との関係のような比較的科学的な取り組みはバビロニアの時代から部分的にも見られましたが、高度な科学を持っていたカルデア人たちは医師でもあって、医療実践の中で占星術を併用していたと言われているのです。ヘルメス・トリスメギストスのヘルメス文書にも医学の部門があり、いくつかの文明において権威であった古代ローマの学者プトレマイオスは、「エジプト人は、医療と天文学的な予測を完全に結びつけていた」と主張しています。

 

西洋医学の祖と言われ、医療占星術の生みの親と言われるヒポクラテスは「占星術の知識のない医師は、自分自身を医師と呼ぶ資格はない」との格言を残し、「医学は自然環境における体の働きの理解であるべきだ」と説きました。ヘレニズム時代以降に占星術の適用範囲は自然哲学やいわゆる現代科学と位置づけられるもののすべてに拡がっていき、その分野は解剖学、医学、植物学、錬金術としての化学、動物学、鉱物学などの広範囲にわたります。西洋占星術の星座の4エレメントに対応する四元素説を唱えた医者であったギリシアの自然哲学者エンペドクレスは「すべての生命は四元素から派生する」とし、これがのちの四体液説(体液病理説)に発展し、18世紀に病理解剖学が生まれるまでは四体液説が西洋の臨床医学の主流の考え方であったのです。

 

ヒポクラテスは「宇宙を支配するのと同じ自然法則が個人を支配している」と述べましたが、これは生まれた瞬間のホロスコープチャートが個人そのものを表すことと同じことです。ヒポクラテスの教えはローマに多大なる影響を及ぼし、ローマの医師であるクリナスは「占星暦による星の運行に従い患者を治療していた」と述べられています。ヨーロッパの医療に1,000年以上に渡り影響を及ぼし、解剖学などの現代西洋医学の実践的な根幹を成しているといってもよいガレノスも「宇宙と人間はそっくりで、何らかの変化が病気をもたらす」と信じていました。ガレノスはヒポクラテスの医学をはるばるルネサンスにまで伝えました。12世紀から17世紀頃まで、占星術は重要な知的探究であり多くの医学文献と関連していました。例えば、ハーバリストたちが薬草の効果を支配星によって選択していたりしたのです。医療の実践と占星術はしばしば関連があったので、当時の薬剤師は占星術師であるか錬金術師だったのです。

 

  • Zodiac_man_1702
  • Zodiacal man from a woodcut in a 1702 almanac.

 

 

ケプラーの「宇宙の調和」は、数学者による最上の歌と評される傑作で、宇宙に隠された神秘を紐解くものとされています。そこでは幾何学・音楽・占星術・天文学・神学が融合し、あらゆる系統の科学、音楽、認識論を統合しようとするプラトン以降初の現実的な取り組みだったといわれます。ケプラーは「宇宙がパターンを決定し、そのパターンの範疇で人は自由である」という見解でした。これはホロスコープの個人のパターンが個人の不変的な心理傾向を示し、なりやすい病気のパターンをも示しているということと同じです。

さらに、天文学上の地球の公転周期と金星の公転周期の会合周期による8年サイクルの惑星軌道パターンにおいて、黄道上に綺麗な五芒星を描くことがよく知られています。この五芒星が内接する正五角形は黄金比率であり、この比率は花の五弁の花びらや絵画や建築に多く見られ、人間が美しい、落ち着くと感じる比率とされています。実は自然界のあちこちにこの黄金比率のパターンを見ることができ、水分子、植物、巻貝、DNA、人体構造などにも現われてくるパターンなのです。

ドイツの科学者クラドニは砂に音を響かせ、砂が幾何学模様を描く事で音(周波数)が物のパターンを形作ることを証明しました。スイスの科学者ハンス・イエニーは、金属板上の液体や固体などにさまざまな周波数の音を響かせ、それらが形を作り、形の成り立ちに周期性を与えることを証明しました。今や人間の各器官や組織にも固有の振動数、周波数があると考えられているのです。

音=振動=周波数=動き=自然界=パターン=生命の営み。

惑星の周期を音にした惑星音叉を人体に響かせるという方法は、医療占星術における古代と現代科学の融合的アプローチであり、超自然的な生命を見つめ、ホールネスなヘルスケアを実践していく方法となるでしょう。

 

<こんな方におすすめ>

・長年の体調不良を抱えている方(体感音響・惑星音叉)

・身体的な活力が落ちている方(体感音響・惑星音叉)

・心身の緊張が取れない方(体感音響・惑星音叉)
・自律神経バランスを整えたい方(体感音響・惑星音叉)
・基礎代謝が落ちている方(体感音響)
・肩こり、腰痛などでお悩みの方(体感音響・惑星音叉)
・不眠でお悩みの方(体感音響・惑星音叉)

・思考過多の過多(体感音響・惑星音叉)

・精神不安を抱える方(体感音響・惑星音叉)

・風邪(体感音響・惑星音叉)

・冷え症の方(体感音響)
・自分らしさにコミットして生きていきたい方(惑星音叉)

・インナーチャイルドケア(体感音響・惑星音叉)

・トラウマケア(体感音響・惑星音叉)

・精神的安定を得たい方(体感音響・惑星音叉)

・自己の可能性に取り組んでいきたい方(惑星音叉)

 

<当院の施術実績例>

・ガンなどの予後の体力、免疫機能の低下

・運動器機能障害
・肩こり、腰痛、関節痛、骨痛などの疼痛
・甲状腺機能障害
・発達遅延
・更年期症状
・婦人科系疾患

・内分泌異常による体調変動

・持病

・未病への取り組み

・日々のストレス

・介護疲れ

・受験疲れ

など

 

 

◉体感音響コース◉

音がもっとも人体に伝わりやすい骨伝導による体感音響振動によって、全身の骨・筋肉・血液・体液・その他各組織等を細胞レベルでマッサージしていきます。体温が上がり、代謝が向上し、肉体の恒常性がベストに発揮されやすい土台をつくっていきます。ベッドにうつ伏せ、または仰向けで施術いたします。服を着たまま受けられます。

 

1セッショントータルは90分〜2時間です。

 

・45分施術コース   6,000円
・60分施術コース   7,500円

 

 

◉惑星音叉コース◉

惑星音叉の施術では、現在運行する惑星の力関係や個人に強く影響を与えている惑星の照応的な働きを基に、肉体、チャクラ(内分泌腺)、経絡などへのアプローチで惑星音叉のハーモニーを低音から必要であれば高音まで響かせていきます。身体的な階層から心理的なブロックやトラウマ、魂の記憶の階層まで、多次元に浸透していく天球の音楽を奏でてきます。ユングはクライアントを分析するのにホロスコープを用いていましたが、希望の方にはホロスコープチャートを出し、個人的な惑星の影響を考慮しつつ施術いたします。惑星の心理的アーキタイプと、医療占星術的な惑星の肉体臓器や組織の物理的アーキタイプを基に、惑星の周波数を複合的に細胞レベルに浸透させていきます。

 

1セッショントータルは2〜3時間、施術は40〜60分です。

 

・惑星音叉セッション    13,000円

・フィボナッチ音叉+惑星音叉セッション   18,000円

・ホロスコープカウンセリング&パーソナル惑星音叉(フィボナッチ音叉) 複合セッション  20,000円(進行法+経過法+出生図の継続ホロスコープリーディングよりベストな惑星音叉のチョイスと、必要であればフィボナッチセッション)

 

〔※初回ホロスコープリーディングと惑星音叉セッションを同時にご希望の方は、初回ホロスコープリーディング(20,000円)に惑星音叉セッション(13,000円)が追加となります(トータル3時間)〕

 

◉体感音響+惑星音叉コース◉

このセッションの魅力は、何と言ってもパワフルさと身体変化の良好さです。音がもっとも人体に伝わりやすい骨伝導による体感音響振動で、全身の骨・筋肉・血液・体液・その他各組織等を細胞レベルでマッサージしていきます。体温が上がり、代謝が向上し、肉体の恒常性がベストに発揮されやすい土台がつくられます。さらに惑星音叉でピンポイントの効果的な振動刺激によるアプローチを行うことによって、身体・意識・魂のバランスを精妙に整えていきます。人体の複雑なレイヤーに対して、これまでひとつの方法では比較的限られたフィールドにしかアプローチできなかったものを、この施術によって人の多層階の構造すべてに音を伝達していくことが可能となります。

 

1セッショントータルは2〜3時間、施術は60分ほどです。

 

・体感音響+惑星音叉セッション    15,000円

 

 

◉ホロスコープリーディング◉

ホロスコープによって、自分自身の心理的特徴や何の病気が引き起こされやすいかなどの身体的特徴を知ることができます。ホロスコープに示される内面意識のパターンが日々の行動の癖やついつい繰り返してしまう日々のパターンを表します。その人生の繰り返しやすいパターンをフィードバックし、さらにより良く生きていくための癖を調和的にバランスしていく方向性をお伝えします。自身の性格による抱えやすい問題の理解にも役立ちます。パーソナルな惑星音叉セッションをカスタマイズするカルテにもなります。(こちらのメニューはホロスコープリーディングのみの価格)

 

・60分(初回)   20,000円

・60分(継続)   15,000円

 

※内容は、10天体+ノード・キロン、必要によって小惑星のリーディング。ホロスコープチャートをもとに、口頭で内容をお伝えしていきます(メモ&録音OK)

 

 

◉測定&カウンセリング◉

声紋分析測定・自律神経測定・EAV測定(臓器や組織の健康状態測定)を実施し、これらの結果をもとに、自律神経バランス、臓器の健康状態、生活習慣、意識パターン、特性パターン、感情状態を確認し、肉体的&心理的の多角的な視点からよりよく生きるためのカウンセリング&コーチングを行います。サウンドヒーリングの施術はいたしません。

 

・120分   20,000円

 

 

 

※内容については直接担当スタッフまでお問い合わせください
※時間枠のみ予約の上、内容は当日相談でも構いません

※通院歴に関係無くどなたでも受付可能です

 

【施術日時】
水曜 (AM) ・金曜・土曜 ・その他の曜日もあり〔不定期〕
月により日程が違いますので、お電話またはメールでご確認ください。

 

予約制:クリニック受付  03-5483-7070

または、denensugiyama@gmail.com まで

 

当日ご予約なしでも空き状況によりご案内可能です。

 

【担当】

田園調布 長田整形外科 杉山洋一 ,他
Sound Healing Well Being Creator
Astrologer

 

 

 

 


尚、これらのプログラムは現在の医療制度では保険適応外となりますので恐縮ながら自費診療となります。
売り上げの一部は、国連母体の植林慈善事業(国連難民支援 日本UNHCR協会)などに寄付させていただき定期的に皆様へもご報告させていただきます。

以上のプログラムは皆様にもきっと気に入っていただけるものと思います。
また、今後もますますウエルネス・プログラムを充実させ、精進していく所存ですので、ご要望などご意見がございましたらお気軽にお声かけください。


戻る

診療のご案内に戻る