お知らせ

2018年6月30日

8月24日(土)午後から須田万勢先生の内科外来が始まります


私が目指すのは、「人間の可能性を引き出す」医療です。人間には本来治る力があるはずです。調子が悪いということは、心身が本来ある姿からずれているというサインです。
この外来では、主に東洋医学(漢方、鍼灸)と栄養学(オーソモレキュラー)を組み合わせ、体のバランスを整えることで治る力を引き出します。もちろん西洋医学的治療のほうが合う場合はそちらも併用します。
また、当院内科 池田 和子先生と共通の方針で治療を行っております。

【特に対象となる方】
・調子が悪いけど、病院にいって検査しても何でもないと言われて困っている。
・現在病気の治療を受けているが、体の元気をもっと回復させたい。

* 過去の健康診断の結果があれば診察の際にお持ちください。
**問診票がダウンロードできますので、 可能であればあらかじめ記入してお持ちください。

診療時間:毎月第4土曜日 午後3時~6時
診療費:
治療は保険
相談・検診は自費(初診8640円/40分、再診4320円/20分)

担当:須田万勢 医師

<略歴>
2009年 東京大学医学部 卒業
聖路加国際病院 リウマチ膠原病センター勤務
日本内科学会 認定医
家庭医療専門医
リウマチ財団 認定医
骨粗鬆症学会 認定医
日本東洋医学会 会員

須田先生内科案内

 

先日須田先生とスタッフでこれから始まる内科外来についてミーティングをしました。
その際に、上記の内容はもちろん、例えばかぜの患者様は数日たってひどくなってから受診する方が多いので、なるべく早めに来院いただければいい漢方を処方できますよ、とのことや、お子さんのいらっしゃるお父様やお母様は、仕事のお休みの土曜日は家族サービスでどうしても自分の身体を優先しづらく自分ひとりでの外出は控えがちになることも多いので、この外来をリトリートだと思って「病院に行ってくる!」と堂々と言って出かけてほしい、そしてこの外来を受けて元気を取り戻しリフレッシュしてほしいと言っていました。
お子さんのいる須田先生だからこそ、同じ父親である方へのあたたかいメッセージでした。
そして本当にこの外来をリトリートだと思っているんです!と力強くお話してくださいました。
気になる方、この機会にぜひご利用ください。