お知らせ

2017年3月22日

有機酸検査(尿)を開始しました


田園調布長田整形外科の内科外来にて体内で何かおきているのか知るための指標のひとつとして
有機酸検査(尿)を3月より開始しております。

この検査は
現行の保険医療の範囲に含まれておりませんが
かなり正確な体内の細胞内代謝をとらえることができ、
細胞代謝栄養分野の研修を重ねているホリスティック内科医池田和子先生の指揮下で
ただ検査結果を提供するだけではく細胞内代謝・栄養の観点から
池田先生による検査結果の解説と食事およびライフスタイルのアドバイス、提案をふくむ総合的なものにしています。

解説、指導をふくむ診療には45分程度必要とします。
そのため完全予約制、自費診療(検査代含む)です。

検体はアメリカに送り解析を必要としており結果が届くまで3週間程度を要します。

NEW有機酸検査とは

体内で何が起きているのか知るための正確な代謝をとらえる検査の一つです。
検体は尿を用います。
消化器系イースト菌と細菌の評価、神経伝達物質、栄養指標、グルタチオンの状態、
シュウ酸代謝などの情報を得ることができます。
この検査は尿中74(+2)の代謝産物マーカーがあり、
慢性疾患や慢性的な原因のはっきりしない不調の根本的原因に近づくことができます。

疲労を軽減させ、活力とエネルギー回路をしっかりまわし、
睡眠を改善、胃腸(消化吸収)の働きを回復することに貢献します。

以下の状態を評価:
・クレブス回路異常
・神経伝達物質レベル
・栄養欠乏
・抗酸化欠乏
・イースト菌とクロストリジア以上繁殖
・脂肪酸代謝
・シュウ酸レベル 他